理事長メッセージ

ホームページをお訪ねくださり、ありがとうございます。

本連盟理事長の明星大学の明官茂(めいかんしげる)です。私は全国特別支援学校知的障害教育校長会、国立特別支援教育総合研究所を通じて本連盟に関わり11年目を迎えます。全日本特別支援教育研究連盟の紹介を兼ねて、ご挨拶を申し上げます。

本連盟は1949年に設立され、特別な教育的支援を必要とする知的障害等の発達障害がある幼児児童生徒の教育を発展させ、実践研究を推進することを目的として活動しています。現在53都道府県市に設置されている特別支援教育研究会の連合体であると同時に、本連盟の目的に賛同する研究者等の個人加盟制をとり入れた組織になっています。

解説はこちらをクリック

皆さまもご存じのように、令和2年度から新学習指導要領が小学校から順次完全実施されます。新学習指導要領では、障害者の権利に関する条約に掲げられたインクルーシブ教育システムの理念を踏まえ、全ての学校において、障害のある子供たちに対する特別支援教育を着実に進めていくことが示され、小中高等学校や特別支援学校での具体的な対応策が示されています。このことに対応するため本連盟では、2017年に全特連ビジョンを策定しました。このビジョンの最終項目には、特別支援教育の教育課程に関する実践研究の一層の充実を目指し、以下の6つの実践研究を掲げています。

(1)「学びの連続性」の推進に関する実践研究
(2)「主体的・対話的で深い学び」の実践研究
(3)「知的障害教育の教科」に関する実践研究
(4)「自立活動」に関する実践研究
(5)「生活単元学習」に関する実践研究
(6)「交流及び共同学習」に関する実践研究

これらの実践研究は、新学習指導要領で示された方針を、学校現場で具現化することにつながるもと考えます。

本連盟は、民間研究団体として、月刊機関誌「特別支援教育研究」の発行をはじめ、全国3か所での夏期セミナー(研修)の開催、地域単位の研究大会や全国7ブロック8会場からなる地区研究大会、さらに全国研究大会開催を通じて実践研究を積み上げております。皆さまのご理解とご協力により、より充実した教育実践の展開をしてまいりたいと存じます。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

(令和2年4月1日)
top